すべてのフィールドに入力する必要があります

お問合せありがとうございました。

3営業日を過ぎても連絡がない場合は、
大変お手数ですが以下までご連絡いただけますようお願い申し上げます。

お問合せ先:
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
 TEL. 03-6203-9100
Email. japan-info@brocade.com

メールをご確認の上、サブスクリプションの登録を確定してください。
サブスクリプションの登録が完了しました。
サブスクリプションの登録が完了しました。
こちらからブロケードのプレミアム・コンテンツの一部をご覧いただけます。
To Complete the subscription process please check your email

IPストレージ・ネットワーキングの再定義

従来型のIPネットワークをいつまでも使用する必要はありません

詳しくはこちら

New IP: ネットワークの変革

第3のプラットフォームに向けたビジネス・モデルの改革

詳しくはこちら

New IP対応アプリケーションを加速

New IPをサポートする最先端仮想アプリケーション・デリバリ・プラットフォーム、Brocade Virtual Traffic Managerをお試しください。

詳しくはこちら
申し訳ございません。
要求の処理中にエラーが発生しました
再試行
企業とサービス・プロバイダは、ネットワーク機能仮想化(NFV)を活用してサービス展開を迅速化し、New IPへの進展を加速させています。 しかし、ネットワークに組み込まれる仮想デバイスが増えるにつれて、どこで仮想機能をインスタンス化し、どのような特性を持たせるべきかを確認するタスクの複雑さも増していきます。 このタスクを最も効率的に遂行するのが、標準ベースのツールによって実行される、オンデマンドの自動化されたオーケストレーションです。

オープン・ネットワーキングに専念し、New IPへのお客様の移行を促進しているネットワーク・テクノロジ・プロバイダとして、ブロケードは、ネットワーク全体での容易なオーケストレーションを可能にする、高度なNFVソリューションの提供に尽力しています。 こうした取り組みを推進するために、ブロケードは、先頭に立ってコミュニティ主導の活動と連携し、オープンで標準化されたオーケストレーションの手法とツールを確立してきました。 この取り組みが普遍的な効果を生むソリューションにつながるとブロケードは確信しています。  

この取り組みを踏まえて、ブロケードのNFVソリューションは、モジュール式でオープン性を備えており、アプリケーション・スイートやエコシステムに容易に統合して総合的なソリューションを構築することができます。 たとえば、Brocade Virtual Traffic Managerは、レイヤー7における業界唯一の完全なソフトウェア・ベースのアプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)であり、Web Content Optimization(WCO)が組み込まれています。この機能は、従来のハードウェア・ベースのロード・バランサが持つ制約からアプリケーションを解放します。 この制約の排除により、データセンターやプライベート・クラウド、パブリック・クラウドから高速化されたアプリケーションを容易に提供することができます。

New IPのオーケストレーション

NFVに対するブロケードのオープンなアプローチは、マルチベンダー環境での価値提供を実現することで、他のベンダーとは一線を画しています。 このアプローチは、ソフトウェア主導型インフラストラクチャでオーケストレーションを容易にするというブロケードの目標と合致するものです。さらに、目的を帯びたオープン性、エコシステム主導型、ソフトウェア中心、状況に応じた任意の方法による移行というNew IPの中核的な重点項目を実現するという当社の目標とも合致します。

目的を帯びたオープン性—目的を帯びたオープン性では、オープン・ソース実装の先にある、異機種環境での運用と標準データ・モデルのサポートについて考えます。 ブロケードは、標準ベースのオーケストレーション・ツールの有用性を活かしたオープンなNFVソリューションを提供します。

エコシステム主導型—「目的を帯びたオープン性」手法の目標は、さまざまなベンダーが提供するソリューションの価値を実現することです。 NFVの促進とオーケストレーションの観点からみると、このアプローチは重要です。というのも、有用な標準を使用してお客様が仮想ネットワークを効率的に実装するのを支援できる、ベンダーとシステム・インテグレータのエコシステムを確立できるからです。

ソフトウェア中心—New IPのソフトウェア中心の環境は、ソフトウェアが秘める価値を伝える現在の活動を支える原動力となっています。 この目標は、ソフトウェア中心の環境を活用する、仮想化されたデバイスとアプリケーションの増加をもたらしています。 自動化された標準ベースのツールでこの環境をオーケストレーションできることが非常に重要です。

状況に応じた任意の方法による移行—ソフトウェア中心のインフラストラクチャは、自動化されたオーケストレーションが付加価値をもたらす段階的な移行に適しています。

ソフトウェア主導型ネットワークは、事実上のベスト・プラクティスとなっているため、広範なITオーケストレーションと一体化した、完全に自動化されたネットワーク・プロビジョニングは、すべてのネットワークで通常の機能になります。 オープンでオーケストレーション対応のNFV製品を開発すること、そして、コミュニティ主導の活動と連携してオーケストレーションのテクノロジを促進することが、New IPをサポートする重要な要素であるとブロケードは考えています。

ブロケード製品が目指すもの

企業がクラウド・インフラストラクチャへ移行している理由は明らかです。 スケールメリットや、新しいアプリケーション・ワークロードを取り入れる柔軟性など、クラウドには多くのメリットがあるからです。 ブロケードは、OpenStack対応のハードウェアとソフトウェアでクラウドへの移行を容易にします。