すべてのフィールドに入力する必要があります

お問合せありがとうございました。

3営業日を過ぎても連絡がない場合は、
大変お手数ですが以下までご連絡いただけますようお願い申し上げます。

お問合せ先:
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
 TEL. 03-6203-9100
Email. japan-info@brocade.com

メールをご確認の上、サブスクリプションの登録を確定してください。
サブスクリプションの登録が完了しました。
サブスクリプションの登録が完了しました。
こちらからブロケードのプレミアム・コンテンツの一部をご覧いただけます。
To Complete the subscription process please check your email

IPストレージ・ネットワーキングの再定義

従来型のIPネットワークをいつまでも使用する必要はありません

詳しくはこちら

New IP: ネットワークの変革

第3のプラットフォームに向けたビジネス・モデルの改革

詳しくはこちら

New IP対応アプリケーションを加速

New IPをサポートする最先端仮想アプリケーション・デリバリ・プラットフォーム、Brocade Virtual Traffic Managerをお試しください。

詳しくはこちら
申し訳ございません。
要求の処理中にエラーが発生しました
再試行

無線とモビリティは、現在のインターネット社会での生産性やビジネス変化に対応するために必要不可欠なツールです。 通信量の多いアプリケーションを始め、高解像度(HD)ビデオ、モノのインターネット(IoT)としてのデバイスや車両に搭載されているセンサーからのデータの送信まで、キャンパスの一般的な「接続」は無線で行われます。 効率的な無線インフラストラクチャは、「あらゆる規模」のネットワークをサポートする包括的かつ拡張可能なアーキテクチャによって、これらのアプリケーションの多様な要件を満たす必要があります。

サービス・プロバイダは、従来展開されていた静的に設計されたパケット・コア・インフラストラクチャでは現在の新たな使用ニーズに不十分であるという課題を抱えています。 IoTの負荷要件、エンタープライズ・キャンパスのモビリティ・アプリケーションでの厳格な要件、スポーツ・イベントを含む都市環境での高速処理が可能なキャパシティを考慮する場合、従来の方法では実現が難しくなってきています。

動的なディメンション分析

現在のテクノロジの進化によって、加速するマーケットでの新しいサービスの提供に必要となる動的なプロビジョニングとスケールを実現する仮想EPCのソリューションが可能になりました。 ブロケードでもこのソリューションを提供しています。 それがBrocade Virtual Core for Mobile(VCM)です。

VCMはフル機能を備えた仮想EPCで、仮想化環境に特化した設計になっています。 ステート管理、制御、データ処理の機能が簡潔に組み合わされているため、ネットワーク需要の増大に合わせてスケール・アウトが可能です。 仮想化アーキテクチャによって冗長な機能や余分なノード間インタフェースが不要になるため、ハードウェアベースのパケット・コアよりも運用コストを抑えながら高いパフォーマンスを得られます。 Intel x86サーバで稼働するVCMによって、高度なネットワーク・プログラム用のアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)が提供されます。

仮想化の準備

モバイル・サービス・プロバイダがこれから展開を行う場合や、ハードウェアのサポート終了が間近な場合、ブロケードの製品などの仮想EPCが従来的なハードウェアによる実装に比べてより効率的なことは言うまでもありません。 EPCを導入することで、専用のMME(制御信号の処理)、HSS(サブスクライバ・データベース)、S-GW(ユーザ・パケット・アグリゲーション)、P-GW(ネットワーク接続)のハードウェア一式に多大な投資を行い、総入れ替えによるデメリットがもたらされると考えられがちです。

ブロケードのソリューションは、パケット・コアの拡張を選択できるので、希望に沿ったキャパシティやサービスの差別化を可能にします。 特定のインタフェースを選択して有効化すると、拡張を必要とするノードの機能が同一のソフトウェアで動作するようになります。

ブロケードではこのアプローチを活用して、Intel x86サーバで稼働する仮想化P-GWを提供します。このことによって、サービス・プロバイダは完全に仮想化されたインフラストラクチャを使用できるようになり、コストを抑えながらもさまざまメリットを得られます。 P-GWではユーザ・データ・パケットが分散配置されたS-GWからインターネットや他のパケット・データ・ネットワークに転送されます。 P-GWにデータが集約されるため、ほとんどの場合においてサービスの差別化やコンテンツのキャッシュなどの拡張が可能になります。

サービス・プロバイダは、トラフィック増大の管理、差別化されたサービスの提供、新たな使用ニーズへの対応を行うために、1つまたは複数の仮想化P-GWを追加できます。 さらに、仮想移動体通信事業者 (MVNO)はBrocade vPGWを使用して、差別化を図ったりサービス・バンドルを作成したりすることもできます。 追加のEPC機能を配備された同一のVCMから有効化できるため、サービス・プロバイダは仮想化インフラストラクチャの運用を熟知できるようになります。

業界基準のアップグレード

過去10年間がモバイル・デバイスの用途に関する未来とモバイル・データ・アクセスへのニーズの拡大を示すものであったとすれば、モバイル・ネットワーク・オペレータはこの流れをさらに拡張していく必要があります。 推測での5カ年計画において長期間の展開シナリオを回避するために過剰な準備を行うことは、戦略を推し進める上で効果的とはいえません。 EPCの仮想化をご検討ください。 ブロケードの、あらゆる規模に対応し、柔軟で拡張可能なVCMは最適なソリューションです。

Virtual Core for Mobileのリソース

ブロケード製品が目指すもの

ブロケードの製品は、業界の変化とテクノロジの進化を後押しすることによって、 あらゆる規模の企業、サービス・プロバイダ、公共機関の皆様にとっての 可能性を現実に変えます。 ブロケードの実績のあるデータおよびストレージ・ネットワーク・ファブリック、最先端の仮想デバイス、管理ツールとオープンなアプローチは、お客様を今すぐ成功へと導きます。