すべてのフィールドに入力する必要があります

お問合せありがとうございました。

3営業日を過ぎても連絡がない場合は、
大変お手数ですが以下までご連絡いただけますようお願い申し上げます。

お問合せ先:
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
 TEL. 03-6203-9100
Email. japan-info@brocade.com

メールをご確認の上、サブスクリプションの登録を確定してください。
サブスクリプションの登録が完了しました。
サブスクリプションの登録が完了しました。
こちらからブロケードのプレミアム・コンテンツの一部をご覧いただけます。
To Complete the subscription process please check your email

IPストレージ・ネットワーキングの再定義

従来型のIPネットワークをいつまでも使用する必要はありません

詳しくはこちら

New IP: ネットワークの変革

第3のプラットフォームに向けたビジネス・モデルの改革

詳しくはこちら

New IP対応アプリケーションを加速

New IPをサポートする最先端仮想アプリケーション・デリバリ・プラットフォーム、Brocade Virtual Traffic Managerをお試しください。

詳しくはこちら
申し訳ございません。
要求の処理中にエラーが発生しました
再試行

2016年1月からマイナンバー制度が施行され、個人番号カードの配布も始まりました。マイナンバーの運用が本格化してきたことで、マイナンバー含む重要データを取り扱う自治体や企業においては、いよいよ待ったなしの対応が迫られています。特に、マイナンバーなどの個人情報は特定個人情報として、適正に取り扱う必要があり、これら重要データが保存されるITインフラは情報漏洩に対する検討・対策を講じなければならない最重要ポイントとされています。

マイナンバー対策のためのネットワークの考慮点

昨今の情報漏洩対策でもっとも検討しなければならないのは、標的型攻撃に対する対策です。マイナンバーを扱うシステムも同様に標的型攻撃への対応を検討する必要があります。標的型攻撃は、その特徴から100%守ることが難しいため、攻撃を防ぐことはもちろんのこと、仮に攻撃を受けても情報漏洩につながるようなことがないようなシステムを構築することが求められます。

そのような標的型攻撃に対する最も有効な手段として考えられているのは、インターネット接続を保護しなければならないデータを扱うシステムから分離することです。標的型攻撃では、メールなどを介して配布された不正プログラムからバックドアの設置など、ほとんどの場合インターネットを介して行われます。よってマイナンバーを保存しているシステムをインターネット接続から分離していれば、仮に標的型攻撃による不正アクセスがあった場合でも、影響がインターネットに接続されているシステムのみに限定されるので、マイナンバーを含む特定個人情報の流出を防ぐことができます。

一方、単純に物理的に分離するだけでは利便性が大きく損なわれてしまうという問題があります。物理的に分離し、業務ごとに端末が異なると、設備をシステムの数だけ物理的に用意する必要が生じるといった課題もあります。そこで、仮想化技術を活用して共通となる基盤を構築し、利便性を損なわずにインターネット接続を分離する方法が現実的な対策として主流になってきています。

こうした要件に対応するため、ネットワークにはこれまで以上に柔軟でシンプルであることと、仮想化との親和性が高いものであることが求められます。さらに、今後マイナンバーをめぐっては政府の方針やガイドラインが変更される可能性が高く、同時にマイナンバーの利用用途がますます拡大されることになると想定されています。よってこれらの要件に対応するためのシステム基盤にどのような変更要件が加わるか予想ができません。つまりネットワークは、現在の課題に対応しながら、将来の不確定な要件にも柔軟に対応できるインフラを実現できることも重要となります。

自治体向け/システム強靭化対策:LGWANとインターネット分離

大きな話題となった年金情報漏えい問題やマイナンバー制度の施行を踏まえ、総務省は攻撃リスクなどの低減のための抜本的強化対策として「自治体情報システム強靭性向上モデル」を提示しました。ブロケードは、マイナンバーに関する業務を行うためのインターネット接続を分離する「LGWANとインターネットの分離」を実現する手段としてブロケードのVCSファブリックとVDIを組み合わせることで、安全性と信頼性を担保しながら、業務の利便性を損なわない環境の構築を支援しています。ブロケードのファブリック技術は、設定変更の自動化や仮想環境との優れた親和性を提供し、変更や拡張が見込まれるVDI環境の基盤ネットワークとして最適です。

自治体情報セキュリティクラウド:Brocade VCSファブリックとVMware NSX

自治体情報セキュリティクラウドの取り組みにおいては、VMware NSXとの連携により、共にマイナンバー対策のためのインフラ構築に取り組んでいます。Brocade VCSファブリックとVMware NSX を活用することで、マイナンバーを含む特定個人情報を安全に取り扱うことができる優れた柔軟性を持つネットワーク基盤を構築することができます。Brocade VCS ファブリックは、容易性、拡張性、信頼性に富み、様々な要件に適応する安定した物理ネットワークを提供します。VMware NSX によるソフトウェアによるネットワーク仮想化は、きめ細やかなネットワーク分割と、仮想化による高い柔軟性を高いレベルで実現します。

自治体向けキャンパス・ネットワーク統合とセグメントの仮想分離

複雑化する庁舎内ネットワークをファブリックで構築することで、ネットワークを仮想的に統合しながら、マイナンバーなどの重要データを扱うネットワークとインターネットに接続するネットワークを仮想的に分離することができます。これにより、無線やIP電話などの新しいサービスに対応しながら安全性を確保することができます。

企業向けマイナンバー対策:VDIの導入によるセキュリティの強化

マイナンバー制度施工に伴うシステムの対策は、一般企業においても急務の課題となっており、自治体同様、VDIを導入してインターネットと重要データを扱うシステムとの分離を行う手法が注目されています。ブロケードのVCSファブリックは、小規模環境においてもそのシンプルさと柔軟さで、VDI環境の短期間での整備を強力に支援します。VMware Horizon ViewをはじめとするVDIアプリケーションとの親和性も高く、またVDI環境の容易な実装を強力に支援するハイパーコンバージド・インフラのネットワークとしても広く採用されています。

マイナンバー関連のリソース