すべてのフィールドに入力する必要があります

お問合せありがとうございました。

3営業日を過ぎても連絡がない場合は、
大変お手数ですが以下までご連絡いただけますようお願い申し上げます。

お問合せ先:
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
 TEL. 03-6203-9100
Email. japan-info@brocade.com

メールをご確認の上、サブスクリプションの登録を確定してください。
サブスクリプションの登録が完了しました。
サブスクリプションの登録が完了しました。
こちらからブロケードのプレミアム・コンテンツの一部をご覧いただけます。
To Complete the subscription process please check your email

IPストレージ・ネットワーキングの再定義

従来型のIPネットワークをいつまでも使用する必要はありません

詳しくはこちら

New IP: ネットワークの変革

第3のプラットフォームに向けたビジネス・モデルの改革

詳しくはこちら

New IP対応アプリケーションを加速

New IPをサポートする最先端仮想アプリケーション・デリバリ・プラットフォーム、Brocade Virtual Traffic Managerをお試しください。

詳しくはこちら
申し訳ございません。
要求の処理中にエラーが発生しました
再試行
パートナー / OEM

ブロケードとIBM

IBMとブロケードは長期間にわたってパートナー関係にあり、高度なソリューションを構築してきました。これにより、俊敏性と安全性に優れた世界規模のインフラストラクチャを作成できます。 幅広いラインナップのソリューションによって、新しいビジネス・モデルの実現が可能です。さらに、クラウド、分析、モバイル、ソーシャル・ビジネスの要件をサポートできます。企業は、これらを活用して将来の成功に向けた基盤を構築できます。

パートナーシップの概要

IBMとブロケードの共同ソリューションは、インフラストラクチャの俊敏性と安全性を向上し、幅広い企業のお客様への対応を可能にします。 ブロケードの第5世代ファイバーチャネル・ストレージ・ネットワーキングとIBM FlashSystemおよびIBM Spectrum Storageの結合によって、俊敏なクラウド・アーキテクチャを実現でき、大量のデータがサポート可能になり、さらに高密度のサーバ仮想化環境を最適化できます。 ブロケードのストレージ・ネットワーキングとブレード・エクステンションでは、IBMのz13メインフレームをサポートしており、最高レベルの可用性とパフォーマンスを実現できます。

ブロケードとIBMのパートナーシップでは、さらにSoftLayerを通じてオンデマンド・ネットワーキングを提供しており、New IPの先進機能を実現できます。

ブロケードとIBMのパートナーシップによってできるようになること

  • ブロケードの第5世代ファイバーチャネル・テクノロジとIBMストレージ・ソリューションを使用して高密度サーバ仮想化環境を最適化。ワークロードの増加に対応し、さらにクラウド・アーキテクチャを実装
  • IBM Spectrum Storageとブロケードのネットワーキング・ソリューションが提供する俊敏性、効率性、制御性を最大限に活用
  • ブロケードの第5世代ファイバーチャネルとIBM FlashSystemストレージによるかつてないパフォーマンス、スケーラビリティ、信頼性の実現と、迅速で適切なデータ主導の意思決定
  • 99.999%の可用性を要求するメインフレームのワークロードをサポート(BC/DR要件の距離でのネットワーキングを含む)
  • IBM b-Typeストレージ・ネットワーキングとBrocade Fabric Visionテクノロジで強化された、強力な監視、診断、管理ツールの使用によるストレージ・インフラストラクチャの可視性と観測性の向上。
  • SoftLayerを使用した高速で安全なオンデマンド・ネットワークを構築し、New IPの先進機能を実現

IBMとブロケードのソリューション

IBM FlashSystemとブロケードの第5世代ファイバーチャネル

データのリアルタイム分析と休止時の分析が可能です。 強力な分析ソフトウェアと堅牢で拡張性の高いネットワーキング・インフラストラクチャを結合したソリューションを用いて、大量の情報を診断や監視に利用できる情報に変換できます。 IBMのMicroLatencyテクノロジとブロケードの16ギガビット・ファイバーチャネルによって、1秒あたり最大100万件のI/O処理を実現できます。

遠隔地のvMotionとIBM SVCストレッチ・クラスタ

この強力なディザスタ・リカバリとビジネス継続性ソリューションによって、アプリケーションのアクセスを単一のデータセンターを越える範囲へと拡大します。 サーバやストレージのシームレスなフェイルオーバによって中断のない運用を維持できます。これはVMwareによって実現し、最大300 km離れた施設間でも可能です。

 

IBM System zの仮想テープ/DASDのレプリケーション

メインフレームの仮想テープ・レプリケーションを仮想化とストレージ統合計画に加えることができます。 この自動化されたレプリケーション・ツールによって、遠距離間でIBM System Zソリューションを実装できます。その際にデータ・レプリケーションについて考慮する必要はありません。